≪ 09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11 ≫
Profile
petitlapin
Author:petitlapin
27歳の時一念発起し、辻調理師専門学校のグループ校・エコールキュリネール国立(現エコール辻)に入学。卒業後都内のフレンチレストランでサービスをしつつ、代官山のル・コルドン・ブルーを今春卒業、そして念願のフランス一人旅に行ってきました!
Recent Entry
Archive
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Link
Search
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
gratin dauphinois(グラタン・ドフィノワ)
<材料>
じゃがいも  2個(メークイーン)

牛乳     200ml
生クリーム  100ml
卵      1個
ナツメグ   適量
塩      適量
こしょう   適量

にんにく   1片
バター    適量

<下準備>
・にんにくを半分に切り、グラタン皿の内側ににんにくの断面をこすり付けます。
 その後バターを薄く塗っておいておきます。
・オーブンは170度くらいに温めておきます。
・じゃがいもは皮をむき薄切り(1mmくらい)にしておきます。

<作り方>
①じゃがいもは塩(分量外)をまぶして軽くもみ、出てきた余分な水分をふき取っておきます。
☆ちゃんとふき取らないと、とりきれなかった水分で仕上がりが水っぽくなってしまいます。
②生地を作ります。まずボールに卵をほぐし、牛乳を加えて塩・こしょうで調味し、
 塩がきちんと溶けるまで混ぜます。
③②に生クリーム、ナツメグを加えて軽く混ぜ合わせ、味を確認して必要であれば味を足します。
☆生クリームを加えてから混ぜすぎると分離してしまうので注意してください。
☆ナツメグは牛乳と生クリームの乳臭さ(?)をとる効果があります。
④下準備しておいたグラタン皿にジャガイモを高さが一定になるように並べ、③を流しいれます。
☆液体の分量はグラタン皿のサイズによります。大体ジャガイモの頭がちょっと出るくらいが目安です。
⑤温めておいたオーブンでおいしそうな焼き色がつくまで(40分前後)焼きます!

<コメント>
・それ自体は淡白な味なので、ソースのある料理とあわせていただけたらいいと思います。
20050924234151.jpg

さばの味噌煮

<材料>
サバ  4切れ

水   1カップ
砂糖  大2
酒   大2
みりん 大2
しょうゆ 大1
しょうが 1片
味噌  大3

しょうが 適量
*細くみじん切りにして水にさらしてしゃきっとさせておきます。
 盛り付ける際に水気を切ります。

<作り方>
①さばは皮目に切り込みを入れておきます。
②水からしょうがまでの材料を鍋に入れ沸騰させます。
③沸騰したところに①をいれ、落し蓋をして中火で5分煮ます。
④サバにほぼ火が通れば、煮汁を少し取り出し味噌を溶き、
鍋に戻してさらに1~2分煮ます。
⑤サバは取り出して温かいところにおいておき、煮汁は必要であれば煮詰めて
濃度調節をします。
⑥お皿にサバを皮目を上にして盛り、煮汁をかけしょうがを飾れば出来上がり!
20050919204054.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。