≪ 07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09 ≫
Profile
petitlapin
Author:petitlapin
27歳の時一念発起し、辻調理師専門学校のグループ校・エコールキュリネール国立(現エコール辻)に入学。卒業後都内のフレンチレストランでサービスをしつつ、代官山のル・コルドン・ブルーを今春卒業、そして念願のフランス一人旅に行ってきました!
Recent Entry
Archive
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Link
Search
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
boeuf bourguignon(ブッフ・ブルギニオン)
今日の実習はboeuf bourguignon。
いわゆる牛肉の赤ワイン煮。
すっかり世間でおなじみになったフランス料理の1つですね~。
ブルゴーニュ地方のお料理で、土地のワインを使って煮込みます。
料理に使うワインはいいものでなくても全然OK♪
ヴァン・ド・ターブル(いわゆるテーブルワイン)をたっぷり使って、
じっくり時間をかけて煮込んであげるのが美味しく仕上げるポイント。
食べるときは造ったその日よりも、
2日後ぐらいが味がなじんで美味しい(*^∀^*)
翌日のカレーが美味しいのと一緒ですね~。

フランス料理には、○○といえばこの付け合せがつく。
という料理が多いのですが、
この『ブルギニオン』にもそれがあって、
①ベーコン
②マッシュルーム
③小たまねぎ
の3つが必ず入ります。

今回はベーコンとマッシュルームのソテー、
マッシュルームの茹でたもの、小たまねぎのつや煮、
それとクルトンをつけ添えました。

ちょっとソースの濃度がゆるかったけど、
煮込み時間が短かった割にはお肉がいい具合でほっとしました。
今回は肩肉だったけど、
個人的にはごろんとしたとろ~とろのばら肉が好みだな♪

100_0001.jpg

スポンサーサイト
初めまして。偶然HPを見つけました。
私は今現在辻へ通っています。願書を最後の最後までコルドンと迷い、結局辻を選び、単発講座をコルドンで受けています。
学校によって方針・雰囲気はかなり違うし、入ってみて初めてそれがわかりますよね。比較していらっしゃるのを読むと、辻も色々ありますが、とりあえずベース作りは辻でよかったかも・・・と思うようになりました。
2学期早々指と爪をぶったぎってかなり自己嫌悪ですが、lapinさんを見習って、しっかり元を取ろうと思います(笑)
ではでは、お仕事・学校共に頑張って下さい。
2006.09.04 00:31 | URL | blanc | 編集

はじめまして!コメントありがとうございます。

両方通ってみていかがですか?お互いにいい部分、見習うべき部分があるので、私自身はどちらも知っているということはいろんな意味でいい勉強になっています。
私も小さな怪我は日常茶飯事でした・笑・私は特にやけど専門(?)で、よく先生からそんなしょちゅうやけどするようなやつは、料理人に向いてないぞといわれたりしつつ、なんとかかんとか卒業しました~。
充実した学校生活になるといいですね。
がんばってください!
2006.09.06 10:00 | URL | petitlapin | 編集

 管理者にだけ公開する

Trackback URL
http://petitlapin.blog17.fc2.com/tb.php/80-841ab9ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。