≪ 09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11 ≫
Profile
petitlapin
Author:petitlapin
27歳の時一念発起し、辻調理師専門学校のグループ校・エコールキュリネール国立(現エコール辻)に入学。卒業後都内のフレンチレストランでサービスをしつつ、代官山のル・コルドン・ブルーを今春卒業、そして念願のフランス一人旅に行ってきました!
Recent Entry
Archive
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Link
Search
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
料理とマニキュア-それってどうよ?
ここ1ヶ月、毎週土曜日の午前中にとある番組を見ていました。
今月は『基本の和食』をテーマに、
とある料理研究家の方がナビゲーターの女性に料理を教える。
という設定だったのですが、
とっても気になったことがありました。

それはマニキュア。

品のいい年配のその料理研究家の方は、
短い爪に赤いマニキュア。
爪は少し伸びかけらしく、
根元に何も塗られていない部分が除いていました。

料理を教える立場に自分をおいているにもかかわらず、
そういった衛生的な面がおろそかなのってどうなんでしょう?
それも一見きちんと常識のあるご婦人に見えたせいで、
その意外さもひとしおでした。

確かに、家庭の主婦だし、
女性としての身だしなみも大切なのよ。
ということも言われれば納得できますが、
だったらもっと塗りたてのきれいな状態にするか、
もっと品のいい色にするとかできたんじゃないかなあ・・・。
と思わずにはいられませんでした。

言っていることはまともだったけど、
別のとことがとってもおかしいと、
どうしてもお粗末な印象が残ってしまいます。

辻・コルドンともに、
そういったことは言われるし自然と自主的に直します。
でもそれって食べてもらう人に対しての基本的な配慮ですよね?
言われるまでもないというか。
これもまた料理以前のことというか。

本来は料理がテーマだったのに、
私にとっては内容よりもそんなことが気になって仕方ない番組でした。
スポンサーサイト
 管理者にだけ公開する

Trackback URL
http://petitlapin.blog17.fc2.com/tb.php/60-d547f15c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。