≪ 05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07 ≫
Profile
petitlapin
Author:petitlapin
27歳の時一念発起し、辻調理師専門学校のグループ校・エコールキュリネール国立(現エコール辻)に入学。卒業後都内のフレンチレストランでサービスをしつつ、代官山のル・コルドン・ブルーを今春卒業、そして念願のフランス一人旅に行ってきました!
Recent Entry
Archive
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Link
Search
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
荷物を送るなら~colissiomo(コリッシモ)
今回のフランス旅行でとっても困ったのは荷物。
滞在先それぞれで増えるお土産をどう日本へ送るか?
ということでした。

最初は、高くても宅配便が無難かな…と思っていたのですが、
ホームステイ先の奥さんから教えていただいた
『colissimo(コリツシモ)』と言われる小包を私は利用してみました。

郵便局で売っています。

サイズが3種類くらいあって、
今回私が利用したのはLとXL。
Lの容量は最大3キロXLの容量は最大7キロです。

入れるもののイメージでいうと、
Lはワイン3本プラス上部に5センチくらいの余裕、
XLはワイン5本(2段重ねで)プラス左右計8センチくらいの余裕、
があります。

日本に送る場合の料金は
L33ユーロ(5000円弱)、XLは39(6000円弱)ユーロ。
これはキロあたりの料金に換算して宅配便と比較すると破格です。

到着日数は
パリから関東は7日程度、
地方都市から関東は、パリを経由しないといけないためか2週間程度かかりますが、
これもこの値段を考えたら脅威的な速さです。
ただ、地方発の場合は経由箇所が増える分箱の疲労も増えるゆえ、
中身はこれでもかというくらいの保護をすることは絶対!
箱はかなりむざんな形になってます。

購入方法は郵便局の窓口で、
「Un colissimo pour Japon,s'il vous plait.」
(アン コリッシモ プー ジヤポン シルブプレ『日本へのコリツシモを一つお願いします』)
と言ってください。
そうすると、
「Quelle taille?」
(ケル タイユ『どのサイズですか』)
と聞き返してくるので、先ほどのサイズを言いいます。
すると、送り状伝票、箱をいただけるので、送料を支払いやりとりは終了。
そうしたら箱に荷詰めして、伝票を書いて、
郵便局の窓口に出せば手続き完了です。

今は宅配便も大分安くなってるのかもしれませんが、
比較してみる価値はあると思います!

*文中のフランス語は通じますが、私のつたないものですので参考程度になさってください。
スポンサーサイト
 管理者にだけ公開する

Trackback URL
http://petitlapin.blog17.fc2.com/tb.php/101-926350b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。