≪ 08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10 ≫
Profile
petitlapin
Author:petitlapin
27歳の時一念発起し、辻調理師専門学校のグループ校・エコールキュリネール国立(現エコール辻)に入学。卒業後都内のフレンチレストランでサービスをしつつ、代官山のル・コルドン・ブルーを今春卒業、そして念願のフランス一人旅に行ってきました!
Recent Entry
Archive
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Link
Search
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Koots Green Tea
お店でこれまでお土産として販売していたフォンダンショコラ。
ご好評いただき、2年ほどまえからインターネットで販売をしております。
会員制のレストラン、限定販売ということもあって、
おかげさまで毎週の発売日にはほぼ完売という状況です。

そのお仕事で早めの出社をする日があるのですが、
朝ごはんを食べずに家をでるので、
会社で何かしら食べる習慣がつきました。
今年の夏ちょっとはまっていたのが
Koots Green Tea
というお店の和風仕立てのビシソワーズ。

駅から会社に行く途中にあって、
主におにぎりのお店なのですが、
少しお値段高めということもあり、
なかなか買う機会がなかったのですが、
このスープに惹かれて初めて購入してみました。
おともは
カリカリ梅としらすのおにぎり
エダムチーズのおにぎり

おにぎりも具に工夫があってとってもおいしくて、
お値段に納得したのですが、
それ以上に大満足だったのはこのスープ。
和風だしでしょうか?とってもさっぱりして、
白味噌仕立ということでほんのりお味噌の風味がありますが、
じゃがいもの甘みがしっかり活きててとってもおいしい。

ぜひ自宅でも作ってみたい1品です。
これなら夏の暑い日にしっかりおなかにたまるので、
食欲のない日にはおすすめできそう。

今週末挑戦してみようかな♪

200809052.jpg

スポンサーサイト
南仏紀行-Bandol(バンドル)
南仏の滞在でびっくりしたのは、
こちらの人がロゼを本当によく飲むということ。
日本ではあまりなじみがありませんが、
レストランに行くとほとんどの人が飲んでいました。
飲み方は基本的にしっかり冷やして、ときに氷を入れて。

味はすっきり辛口でスルスル飲めてしまうものがおおいです。
このワインは、南仏のBandol(バンドル)という町で作られたもの。

Bandolは赤ワインで有名な町。
小さな駅を降りて、港へ道を下っていくと、
海沿いにレストランやおみやげ物屋さんが延々連なっています。
その中にワインを試飲できるお店(観光案内所のような場所)があったり、
星つきのレストランも1件ありましたが、
やっぱりここは地元の料理が食べたい♪
港まで降りる途中にあったワインショップでこのワインを買ったのですが、
お店のきれいなマダムに町でおいしいお店で食事をしたい。
と相談したところ、
Le Marche(ル・マルシェ)というお店がいい!との情報をいただき、
電話番号と大体の場所を教えてもらい、
自分の名前を教えたら話が早いからとメッセージも書いてくださり、
これはいい予感と、うきうきでお店へたどりついたものの、
残念、その日はランチの営業をしていませんでした・・・。
中をちょっと拝見したのですが、とってもかわいらしいお店。
料理は南仏の伝統的な料理みたいです。

Le Marche
16 rue de la Republique 83150 BANDOL
04 94 29 41 86

結局もうひとつ教えていただいたお店に行ったのですが、
ここもなかなかおいしかったです。
Brasserie TOCHE(写真左上)
場所は海沿いなので歩いていればすぐ見つけられます。
隣のL'auberge du Port
も系列店らしく、中はつながっています。
前出のほうがスタイリッシュですこしにぎやかしい。
レストラン的な食事をするならL'auberge du Portをお勧めします。

料理の写真はこちらでTOHCEでいただいたもの。
下平目というあちらではポピュラーな平目に似た白身のお魚を、
切り身にして中にイチジクを入れて巻き込んだもの。
これを蒸して少し甘めのソースをつけていただきます。
下に引いてあるのはリゾット。
上に乗せてあるのはポロねぎという甘みのあるねぎのフライです。
20080905.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。