≪ 01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03 ≫
Profile
petitlapin
Author:petitlapin
27歳の時一念発起し、辻調理師専門学校のグループ校・エコールキュリネール国立(現エコール辻)に入学。卒業後都内のフレンチレストランでサービスをしつつ、代官山のル・コルドン・ブルーを今春卒業、そして念願のフランス一人旅に行ってきました!
Recent Entry
Archive
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Link
Search
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Cassoulet de Castelnaudary(カステルノダリー風カスレ)
今週の実習はラングドック地方の料理、カステルノダリー風カスレ。
カスレという専用鍋で作る白いんげん豆と肉類の煮込みのこと。

ラングドック地方では
カステルノダリー風・トゥールーズ風・カルカッソンヌ風と3種類あり、
使われる肉類や作り方に微妙な違いがあります。

それぞれの地域のみなさんは、
自分のところのカスレが本当のカスレだ!と自信満々だそうで、
とってもシンプルでクラシックなこの料理が、
地元の方たちにとても愛されているのをこの話を聞いて感じます。

今回のカステルノダリー風カスレは、豚肉を多く使うのが特徴。
実習ではソーセージと塩漬け豚ばら肉、鴨のもも肉のコンフィ、
それに豚肩肉のラグー(煮込みのことです)を、
火を通した白いんげん豆と一緒にして、
パン粉を振ってオーブンで焼き上げました。

実は豆が苦手な私・笑。
でも自分で作ってみると不思議ですね、
お肉のコクと脂の旨みのせいもあるのか、おいしく感じました。

うーん。
これはお昼ご飯というよりは夜ご飯かな。
たくさんお友達を呼んで、
うんと味のあるワインといっしょに
これをメインにたくさんおしゃべりしたい感じです♪


cassoulle.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。