≪ 09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11 ≫
Profile
petitlapin
Author:petitlapin
27歳の時一念発起し、辻調理師専門学校のグループ校・エコールキュリネール国立(現エコール辻)に入学。卒業後都内のフレンチレストランでサービスをしつつ、代官山のル・コルドン・ブルーを今春卒業、そして念願のフランス一人旅に行ってきました!
Recent Entry
Archive
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Link
Search
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シャンピニオンとサーモンのタリアテッレ
今日のランチは久しぶりにパスタを打ちました♪
それをシャンピニオンとサーモンがあったので、
クリームソースで仕上げてみました~(*^∀^*)

そういえば、
辻のイタリアンの実習でパスタを作ることがあったのですが、
そのときに白ワインやブイヨンを加えて味に深みを出すことを知り、
ご家庭で作るパスタがお店の味にどうしてもならない理由は
こういうところにあるんだなぁ~と感心した記憶がありました。
それを知ってからも相変わらずご家庭の味のままですが、
やや味に深みを出すことはできるようになった気がします。

ほんのちょっとのことなのですが、
もしご家庭にそんな材料が余っていたら、
加えてみてはいかがでしょうか?

クリーム系のソースの場合ですが、
材料を炒めたところで少し火を強めてから白ワイン。
分量は風味付けなので少量で、ぱっとアルコール分が飛ばせる位にしておきます。
それからブイヨンを。
味噌汁にダシを入れる感覚と同じなのです。
あくまで素材から出る味の補いですので、多くは入れないでください。
ブイヨンを入れてから少し煮て、材料の味がブイヨンになじんだことを確認したら、
クリームを加えてさらに味がなじむまで煮て、塩こしょうで味付けをします。
これに茹で上がったパスタを絡めて、
火を止めてからパルメザンチーズを加え混ぜ合わせると、
ソースがしっかりと絡んだいい仕上がりになると思います。
スポンサーサイト
初級は怪しい雲行き・・・・-フランス人の作るフランス料理を知る
先週からいよいよ初級の授業が始まりました。
1回目はcote d'agneau champvallon(骨付き子羊肉のシャンヴァロン風)
2回目はpoussin grilles,en crapaudine,sauce diable
(雛鳥のグリエ悪魔風ソース マッシュルームのソテー)
とやりました。

なんですが、
2回目を終えてやや落ち込み気味です。

というのも、うわさには聞いていたのですが、
初級担当のフランス人シェフは、
なかなかしっかり塩を効かせた味付けが好みらしく、
いいお味♪と思って持っていったのに、
「ん~。もうちょっと塩」とのたまったのです。
ちょっとこれでもっと塩したら最後まで食べられないって!
と思ったのですが、
口をぱくぱくさせている間に講評終了。

後に背後で「おいしい」という声がしたので、
その友達の味を見させてもらったら、
1口で1食分の塩分を摂取したようなそんな味で、
その友達も食べきるのは無理だとわかっていたけど・・・。
とのこと。

でも、でも~。
これがフランス人の味なの!?
旅行の時に食べた料理は確かに味が濃かったけど、
それでも1皿食べきれるくらいだったぞ。

それとも先生疲れてた???
このままあと20回続くのかと思うと、
ちょっと憂鬱に・・・・。

2eme3eme.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。