≪ 08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10 ≫
Profile
petitlapin
Author:petitlapin
27歳の時一念発起し、辻調理師専門学校のグループ校・エコールキュリネール国立(現エコール辻)に入学。卒業後都内のフレンチレストランでサービスをしつつ、代官山のル・コルドン・ブルーを今春卒業、そして念願のフランス一人旅に行ってきました!
Recent Entry
Archive
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Link
Search
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピエール・ガニエール氏と!!
今週の水曜日、
コルドンでお世話になった先生がシェフをすることになった
ARGO(アルゴ・半蔵門)というお店の
レセプションに伺ってきました!

場所は皇居そばのビルの9F、
エレベーターであがるとまずレセプションがあり、
そこでウェルカムドリンクをいただき中に進んで行くと、
すぐ右手にライブラリー兼ラウンジ、左手に広々とした客席、
そして壁一面の大きな窓にはきれいな夜景が広がっていて、
本当に非日常という言葉がぴったりのお店です。

その日はコルドンブルー関係者の日らしく、
知っている方が多かったこともありわきあいあいな雰囲気。
すでに集まっているたくさんの人を掻き分けて、
とりあえず場所を確保したら、
これまた目の前に広がっている料理の山へ直行です!
1つ1つ丁寧に作ってある料理は、
見た目に想像力を掻き立てられて楽しい上に、
食べるとその素材の組み合わせにまた驚きで、
パーティー料理といって一切手抜きなしの、
シェフのこだわりと意気込みがきちんと感じられるお味です。
改めてお伺いするのが本当に楽しみなお店でした。

と、
レストランのすばらしさにカンドーしたのはもちろんだったのですが、
その日はもうひとつ感動的な出来事が・・・・。

なんと、
あのピーエル・ガニエール氏がお店にいらっしゃったのです!

もともとシェフはフランス修行中に
ガニエール氏のレストランでお仕事をしていたこともあり、
親交があることはもちろん知っていましたが、
まさか、数日行われているレセプションのこの日にくるとは、
その場にいたほとんどの人が想像していなかったと思います。
それが証拠に会場は騒然。
携帯のカメラやデジカメを手に、
会場内の女子がいっせいにガニエール氏に群がり、
ご本人に断りなくとりあえず腕をつかんではパシャ。
本人がそっぽ向いててもお構いましです・笑。
やっぱり料理人の集まりって怖いわ。と思いつつも、
負けじとちょっと落ち着いたころにご本人に話しかけ、
写真を撮っていただくことに成功♪
なんとほぼ密着状態で写真を撮っていただくことができ、
あまりの興奮にあたまがくらくら。
お礼を言って握手をしてもらい、
その手のぬくもりとやさしい笑顔にノックアウトでした。

長く思っていると、
それを夢みたいに遠く感じることが時々あって、
本当に自分の行きたい場所にたどり着けるのか、
時々心もとなくなることがあるのですが、
ご本人に触れてすごくリアルにその存在を感じて、
自分がやっていることがつながっている場所がちゃんとあって、
私はそこに行きたいと思って今がんばってるんだ。
ということを再確認することができました。

ほんとに予期せぬ遭遇だったのですが、
今お会いできて本当によかった。

山下シェフありがとうございます。
ご活躍期待してます!



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。