≪ 05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07 ≫
Profile
petitlapin
Author:petitlapin
27歳の時一念発起し、辻調理師専門学校のグループ校・エコールキュリネール国立(現エコール辻)に入学。卒業後都内のフレンチレストランでサービスをしつつ、代官山のル・コルドン・ブルーを今春卒業、そして念願のフランス一人旅に行ってきました!
Recent Entry
Archive
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Link
Search
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AB型の集団-料理に向いている血液型ってある?
先週の授業で先生の血液型の話題になり、
じゃあクラス全員は?
という話でそれぞれに聞いていったところ、
なんと、クラス中約半数がAB型という事実が!

AB型って確か世の中で少ないんですよね?
あまりの集中度にちょっと怖くなってしまいました。
AB型って料理に向いてるのでしょうか?

この話はAB型の誰かが怪我をしても、
輸血の提供者がたくさんいて安心だね♪
ということで終わったのですが、
そんな安心してどーするんだ・笑?
スポンサーサイト
中間試験-なのに相変わらず・・・
いよいよ明日は中間試験です。
とはいえ、いつもの実習どおりなのですが、
この結果はパリの本校へ送られるとのことで、
いづれパリへ行きたい私はかなり緊張しています。
メニューは
Souffle au fromage et jambon(ハムとチーズのスフレ)
Oeufs brouilles sur canapes(スクランブルエッグのカナッペ)
の2品です。

今日の予習では(家なのに)緊張と焦りで卵黄を入れ忘れ、
なぜか形になったものの、
味と焼け具合は(当然)どうもイマイチな仕上がりで、
明日にかなりの課題を残す形になりました。
家でさえこんな調子でかなりへこんでいます。

でもがんばります!
それしかない!
daurade mouniere pommes anglaises-真鯛のムニエルジャガイモのアングレーズ
今週の実習は鯛を捌いてムニエルにしたものを、
バターベースのソースで仕上げるというものでした。

今回の付け合せも、先回の平目の時同様のpommes anglaise。
多少練習したものの、じゃがいものちいささなどの要素もあり、
まったく不本意なできばえだったので、
今回は気合を入れなおしてじゃがいも2キロ(18個)を購入。
なんとか金曜日に時間を作ることができ、
このときとばかりに全部をシャトーというラグビーボール型にしてみました。
ひたすら剥き続け、ラグビーボールがボールの中に山盛になったときには、
私の腕は筋がつって動かなくなっていました(>_<)
まだまだ理想には遠かったものの、
自分のやりやすい姿勢や刃の動かし方は少しわかってきて、
当日それを意識してやったところ、
前より格段にやりやすくなっていることを実感して、
練習の大切さを改めて実感したのでした・・・。

じゃがいもの大変さもさることながら、
この料理で一番のポイントはソース。
バターをbeurre noisetteという状態にしたところに
レモン汁を加えて色づきを止め、
塩・こしょう・パセリのみじん切りだけで仕上げるという
とってもシンプルなソースで、
このbeurre noisetteという状態にバターをするのが難しいのです。
バターを熱していくと大きな泡とぱちぱちという音がしますが、
しばらくすると泡が小さくなり、音もしなくなってきます。
そのあとすーっと泡が消えていく瞬間があるのですが、
そこがポイント!
その瞬間火からはずしてレモン汁を投入です。
あとは味付けして出来上がり。
レモンの酸味の効いた、魚にとってもよく合うソースです。
バターとレモンの分量はお好みですが、
4:1くらいで試してみていただいて、
あとはお好みで調整してみてください。

注意:味付けをするときのバターはとっても熱く、
   やけどをしてしまうので味見ができません。
   なので塩加減は何回か試してみてください。

20060717215809.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。