≪ 04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06 ≫
Profile
petitlapin
Author:petitlapin
27歳の時一念発起し、辻調理師専門学校のグループ校・エコールキュリネール国立(現エコール辻)に入学。卒業後都内のフレンチレストランでサービスをしつつ、代官山のル・コルドン・ブルーを今春卒業、そして念願のフランス一人旅に行ってきました!
Recent Entry
Archive
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Link
Search
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
faux-filet(フォー・フィレ)の意味
今週末の実習は、Roti de boeuf(ロティ・ド・ブッフ)。
ローストビーフでおなじみのあのメニューです。
その材料表のメインの食材として、
『faux-filet(フォー・フィレ)』なるのものがあるのですが、
この意味がちょっと面白かったのです。
どの部分の肉かというと、ちょうどフィレ肉の真上になります。
つまりフィレといいつつ実際は外ロースにあたる部分で、
聞きなれた名前だとサーロインというとわかりやすいでしょうか?
fauxというのは「まちがった、見せかけの、偽の」という意味。
直訳してしまうと、「うそっこフィレ肉」なんですね~。
その部位に名前をつけるのではなく、こうしちゃうところ。
ちょっと力が抜けていてよくないですか?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。